Pocket

こんにちは。 ひろてい です。
鹿児島も、朝夕涼しくなり、ようやく秋を感じられるようになりました。

そして、秋といえば「スポーツの秋」
9月10月は運動会の時期ですね。
お父さんお母さんは、子供の勇姿を撮ろうと必死かと思います。
私も妻と、カメラ係ビデオカメラ係に分かれ走り回っています。

今回は、我が家のビデオカメラ(運動会ver.)を紹介します。

動画を撮りながら写真も撮れる

ビデオカメラ係の時に限って、子供がいい表情をしたり、珍プレー好プレーに遭遇します。
シャッターチャンスと思い、スマホを取り出しても、時すでに遅しです。

スマホをビデオカメラにマウントしたら同時に撮れるんじゃね?と思い乗っけてみました。
これなら、ビデオ撮りながら写真も撮れる!・・・はず

取り付けは簡単

ビデオカメラに以下の物を取り付けるだけです。
※シューアダプタは、お使いのメーカーに合った物を選んで下さい。
ETSUMI モビヘッドDX ETM-84040
キヤノンムービー用アクセサリシューアダプター

012 

携帯を挟んで準備OK。

005

 

重い・・・

ビデオカメラが409g
モビヘッド&シューアダプタが114g
スマホが約160g
合計683g
手がプルプルします。
重くて操作しにくいので一脚と併用します。

004

 

機動力バツグンの一脚

三脚と違い一脚は、場所を取らないので人混みでもビデオカメラを固定でき、手ブレを抑えられます。
また、高さを調整することにより立っても、座っても、歩きながらでも撮影することができるので運動会で大活躍です。

010

一脚とドッキング

一脚ごと持ち上げなければ重さも気にならず、ビデオカメラ・スマホの操作が楽ちん。

007

使い方

私の基本的な使い方は、ビデオカメラで撮影しながら、「MovieToImage」(iphone用)というアプリで動画を同時に撮影して、あとで静止画として切り出す。
これだけです。
後は、撮影中の写真撮影は「無音(消音・微音)カメラ」で撮影するぐらいでしょうか。

まとめ

スマホをマウントさせることで、カメラの取り出しや持ち替えの手間が省けるので、スピーディーな撮影が可能です。
ビデオとスマホで同時撮影したい方や、1人でビデオ・カメラの2役される方にはおすすめです。

iphone(スマホ)で撮影すると、暇な時に見返したり、googleドライブ等のオンラインストレージへの保存や、Wi-Fiプリントができたりと、何かと便利なので、ウチではコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)の出番は減りつつあります。
コンデジをマウントしたい方は自由雲台にデジカメを取り付けて使用して下さい。

注意

  • スマホでの撮影は、あくまでサブです。どっちでも良い画を撮ろうとすると中途半端になるので、欲張らないようにしましょう。
  • マウント中に着信があると、動画に着信音が入ります。マナーモード or サイレントにしましょう。

←自由雲台

画像はamazonリンクです