Pocket

こんにちは。 ひろてい です。

3年生の息子が本を見ながら立体の三角形や四角形を作っているので、なにそれ?と聞いても「三角作ってるの」としか言わない。
調べてみると「ユニット折り紙」というものらしく、簡単なものから難しいものまで様々。

そろそろ次のステップに行っても良さそうなので、「もうちょっと難しいのにチャレンジしてみよっか」と本を買ってきました。
それがコレ。
「かならず作れる ユニット折り紙」
004

で、早速チャレンジ。
「父ちゃんも一緒に作ろう」っとお誘いがあったので作ってみました。

ユニット折り紙とは

ユニット折り紙(ユニットおりがみ)は、紙を折り曲げることで比較的簡単な構造(ユニット)を多数作り、これを組み合わせて形を作るタイプの折り紙作品である。 多面体折り紙ともいう。 古くから伝承された「くす玉」が典型例。

ユニット折り紙 – Wikipediaより引用

 

ユニット折り紙作ってみた

この本の中からわりと簡単そうなのを選んでみた。004
折り紙18枚でできるしイケるでしょう。
005

が・・・2番目でいきなりつまずく。
折り目が多く、山折り、谷折りが分かりにくい・・・
006
基本的に差し込みながら組み立てていくのですが、差し込むと他のところが外れ、押さえてると差し込めない。
「コレどこ入れるのー?」
「父ちゃんココ押さえてるからそこ差し込め!」
「あー!はずれるー!」

と、バタバタしながらなんとか完成。
(作ったのは子供が7割:俺3割)
002

001

うーん。隙間が結構目立ちます。
こでれも1時間半~2時間かかったんすよ。

「これ何点?自分で点数つけてみて。」と聞くと

「50点」だそうだ。

だよなー。そのぐらいだよなー。

次は70点目指そうぜ。

最後に

久々に息子との共同作業でした。
楽しかったけど疲れたー。

簡単そうに見えて結構難しいのね。
折り紙18枚で作れるって書いてたんでナメてました。

18枚で2時間弱かかるのなら、コレは一体何時間かかるんだろう?
90枚組だって。
007

子供との暇つぶしにいかがですか?
達成感も共有できて楽しいですよ。

もちろん1人でも楽しめます。