Pocket

※Sound Soul Audio JAPAN 様より商品提供によるレビュー記事です。

こんにちは。 ひろてい です。
SoundPEATS(サウンドピーツ) bluetooth イヤホン Q800 が届きました。

以前レビューした同社のBluetoothイヤホン[Q9A]と同様、防汗性に優れたスポーツ仕様でジョギングやジム向きでしょうか。
ノイズキャンセル機能付きでクリアな音質も期待出来そうです。

というわけで早速走ってきました。
以下は簡単なレビューです。

043

SoundPEATS(サウンドピーツ) bluetooth イヤホン Q800

特徴

  • 2台のスマートフォンとペアリンクすることができる。
  • マグネットでイヤホンを収納できる。
  • ノイズリダクション、エコーキャンセルで音がクリア。
  • Bluetoothでハンズフリー通話が可能。
  • 防汗性に優れている。
  • 待受300時間。通話は12時間可能

仕様

対応プロファイル : Bluetoot4.0, A2DP
通信距離 : 10m(障害物無し)
ノイズキャンセル : CVC6.0
待機状態 : 約300時間
通信状態 : 約12時間
音楽再生時間 : 約10時間
充電所要時間 : 約2時間
電池 : 3.7V/180 mAH
重さ : 30g
サイズ : 135mm(W)*175mm(L)15mm(H)

レビュー

内容物は以下の5点です。
・Bluetoothイヤホン本体
・マイクロUSB充電ケーブル
・交換用イヤーピース
・ケーブル固定アタッチメント(予備)
・ユーザーガイド

034

028

ポリウレタン素材でしなやか。操作ボタンがある先端部はプラスチック素材です。

033

 

同社のQ9Aと比べて10g重いが誤差の範囲。

048

 

先端にマグネットが付いているので、収納時や片側のイヤホンを外した時にブラブラしません。

030

 

ケーブル固定アタッチメントで、ケーブルの長さを調整出来ます。

029-2

 

右側に[音量調整ボタン+-]、[通話ボタン]、[電源スイッチ]、[充電ケーブル差込口]があり、左側に曲の[再生・停止・スキップ・リバース]ボタンがあります。

032-2

基本操作

取扱説明書は英語のみなので、曲の再生、スキップ以外の操作を覚えるには英語が読めないと難しいかもしれませんが、amazonの販売ページに記載されていましたので貼り付けておきます。

  • 着信の応答:通話ボタンを押します。
  • 通話の終了:通話ボタンを押します。
  • 携帯電話の通話に切り替える:再生/停止ボタンをダブル押します。
  • ボイスコントロール:通話ボタンを押します。
    ※iphoneではsiriが立ち上がります
  • リダイヤル:通話ボタンを長時間押し続けます。
  • ミュート:ボリュームボタンを押すと同時に前のトラックボタンを押します。

ペアリング

スイッチを入れるだけでペアリングモードになるので、特に細かい操作はありません。

感想

  • フィット感
    イヤーピースが柔らかくフィットして走ってもズレませんでした。
  • 音質
    ノイズキャンセル機能のおかげでしょうか、音がクリアです。
    音質は若干軽めでですが、適度に低音も効いています。
  • 質感
    操作ボタン部のプラスチックが安っぽく感じますが、3,000円以下の製品としては十分。
  • 操作性
    ランニング中の曲の[再生・スキップ]、着信の応答は特に難しいことはありませんでした。

ランニングで使用してみました。Q9Aと比べ、操作性に優れノイズキャンセル機能のおかげで音もクリアです。
2,000円代のBluetoothイヤホンとしてはコスパの良い満足行く製品だと思います。

ただ、「首掛け型」なので激しい上下運動をすると当然弾みます。この弾みが不快に感じる方は「耳掛け型」のQ9Aをおすすめします。
フックがしっかりホールドして激しい運動でもズレにくいですよ。

このQ800は比較的上下運動の小さいウォーキング、スロージョグ、ロードバイクに向いてるかな。

最後に

防汗性に優れたスポーツ仕様ですが、実はパソコン用イヤホンとしても活躍中です。
(amazon)プライムビデオでドラマを見ているのですが、家族が寝た後の音量には気を遣います。

コードレスで首かけ型のため、装着し易く自由に動けてストレスがありません。
更に、イヤホンがマグネットでピタッとくっつき、S字フックにヒョイと掛けるだけで収納も簡単。コードを束ねたり、小さくまとめる必要が無いのでインドア用としても優秀です。
006