Pocket

012

こんにちは。 ひろてい です。

先日、上海問屋でポチった「スマホ対応マイクロスコープ」で遊んでみました。

マイクロスコープと言っても、500円ほどで買えるミニスコープですが最大60倍率まで拡大できます。

以下は簡単なレビューです。

スマホ対応マイクロスコープ(LED&UVライト付き)

内容物は画像の通りです。

013
BOXのフタを外して電池を入れます。
LR1130の電池(別売り)が3個必要です。

017

018

遠目だとかっこよく見えるが、触ると価格なり。
プラスチックの質感ががチャチです。

015

014

LEDライトとUVライト(ブラックライト)

019

023

iphone6に装着。
クリップ式なので簡単に取り付けられます。
017

マイクロスコープが入ってたパッケージを見てみたが、○が小さくてちょっと分かりにくい。
Camera+(カメラアプリ)のマクロモードと併用してみよう。

018

019-2

Camera+ のマクロモードでいろいろ見てみた

Camera+のマクロモードと併用すると○が大きくなり見やすくなったので、マイクロスコープ+愛用のカメラアプリ「Camera+」のマクロモードでいろいろ見てみました。
【新聞】
026

【指紋】
024

【子供の頭皮】
028

【漢字ノート】
029

【鉛筆の芯】
030

【ティッシュ】
031

【レタス】
032

【トップバリュの黒い綿のズボン】
035

UVライトで新聞紙を見てみた

025

新聞の一部が光ります。蛍光増白剤をつかっているのでしょうか。

Camera+については過去記事どうぞ。
iphoneのカメラアプリ選びに迷ったら「Camera+」にしとくといいよ!

最後に

肉眼では見えない物を、初めて見た子供は楽しそうでしたね。
でも、UVライトは小さく範囲が狭いので、子供の反応はイマイチ。

私もいい年のおっさんなので、「ツルツルしてそうな物でも拡大するとゴツゴツ」なのは当然知ってますが、何度見ても面白いものです。

トゲ抜き用の顕微鏡としても使えそうなので、1個持ってるといいかも。