Pocket

季節の変わり目、気温差、寝不足、疲れ等で鼻の周りからおでこにかけてズーンと重くなります。 3カ月ぶりにキました。蓄膿。
蓄膿は軽いうちに治しておかないと、蓄膿→中耳炎のコンボで治療が長引き、とっても面倒くさいですよね。 そうならないために、数年前から愛用しているのが小林製薬の「チクナイン」です。  

私は蓄膿を以下の通りレベル分けしています。

  • Level1 鼻に違和感
  • Level2鼻が重く濃い鼻汁が出る
  • Level3 頭痛・サラサラの鼻汁が出る
  • Level4 中耳炎

このチクナインは Level1~2の症状を治すために使用しており、その効果には太鼓判を押します。
ちなみに、Level3以上になると耳鼻科で適切な治療を受けたほうが、治りが早かったです。 チクナインで完治を試みましたが、薬を消費しただけで結局耳鼻科に行きました。 過度の期待は禁物です。  

スポンサーリンク

効果・効能

チクナインは、鼻の奥(副鼻腔)の炎症を鎮めながら、膿(うみ)の発生を抑えるので、ちくのう症(蓄膿症)や慢性鼻炎の改善によく効きます。9種類の生薬で構成された「辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)」の働きで、ちくのう症(蓄膿症)のつらい症状を治していきます。

用法・容量

顆粒

大人(15才以上) 1包 2回
7才以上15才未満 2/3包
4才以上7才未満 1/2包
2才以上4才未満 1/3包
2才未満 × 服用しないこと

味は・・・マズイです

チクナインの臭いと味とが苦手です。 正に漢方薬!っていう味です。体に良さそうな数種類の薬草を乾燥させて粉にしたそのままの味です。 そして、大量の水で一気に流し込まないと口の中でネチャネチャで、薬の味が口いっぱいに広がります。 「いい年したおっさんなんだから我慢して飲め」と怒られそうですが、うーん。苦手です。 もう少しだけ飲みやすい味にして頂けたら嬉しいです。

錠剤タイプは味と臭いを感じにくいけど。。。

私が愛用しているのは顆粒タイプですが、錠剤タイプもあります。 錠剤は味と臭いを感じにくいのですが、1錠がわりと大きめ。それを1回5錠飲まないといけません。結構しんどいです。 さらにネットショップでは、顆粒タイプの方が僅かに安いお店があります。

簡単なまとめ

  • 市販薬は症状の軽いうちに飲みましょう。
  • 顆粒タイプは臭いと味を感じやすく、飲みにくいかも。
  • 錠剤タイプは臭いを味は感じにくいが、1錠が大きめ。1回5錠飲無いといけない。
  • お店によるが、顆粒タイプのほうが安い場合もある。

しんどい思いをしないように、早めに対処しましょう。