Pocket

前回に続き電池交換をやってみます。

前回 自分でできる電池交換 こじ開け編 今回はG-SHOCKです。自分でやれば数百円ででます。

用意したものは

  • ピンセット 108円
  • 精密ドライバー 108円
  • ボタン電池 108円

合計 324円でした。  

自分で電池交換をすることは推奨できることではありません。 ユーザー自身で電池交換をすると、保証期間内であってもメーカーサポートを受けられなくなる可能性があります。 自分でやることのリスクを理解し、自己責任で楽しみましょう  

高くてもCASIOに頼んだほうが安心

電池交換受付窓口に依頼した場合の費用は、電池交換料金 約3000円(モデルによります)と、 サービス利用料(往復配送料金+回収キット代金)が1296円かかるので 総額は4000円以上。さらに他に悪い箇所があれば+α。高い安いは人によりますが。。。。高い! しかし、[パッキンの劣化]や[防水機能]についても細かくチェックしてもらえるので、安心を買うと思えば「こんなもんかな?」と納得できるのではないでしょうか。

G-SHOCK 電池交換の手順

それではやっていきましょう。今回の時計はコレです。

1. 裏ぶたが開けられないので、ネジを外し邪魔パーツを外します。

2. 外しました。ネジの大きさが違うので注意です。

3. 電池の押さえをピンセット外し、電池を横から外します。 赤丸のバネを無くさないように注意しましょう。簡単に抜けます。

4. 横から滑らせるように電池を入れます。 +極と-極を同時に持たない事。ショートします。持つときは横を持ちましょう。

5. 電池を入れただけでは表示がグチャグチャです。 ACと書いてるところを探し、ACと電池の+極をピンセットで同時に触り、ショートさせます。 電池や裏ぶたに日付を書いておくと◎。

6. 裏ぶたを閉め、各パーツとネジを組みます。 ネジは基本的に対角線上に、仮止めして、最後に増し締めします。

7. 時間を合わせて終了です。 時間の合わせ方がわからない・取説が無い場合は、カシオのサイトでダウンロードできます。 PDF取扱説明書操作説明ダウンロード

動かない・・・失敗したら

casioのサポートに修理に出す前に、最後の砦。時計屋さんに持ち込み相談ましょう。 ここでの修理で動けば費用も安く済みそうです。  

簡単なまとめ

  • 自己責任でやりましょう。
  • やるなら保証期間が終了した時計で。
  • カシオに頼むと電池交換は4000円ぐらい。
  • バネをなくさない
  • 電池の+極と-極を同時に持たない
  • 動かなかったら、まず時計屋さんに相談。

こんなもんでしょうか。 まぁ、前回も書きましたが、失敗もまた一興。失敗も含めて楽しみましょう。 ユーザー自身の電池交換において、不利益が生じた場合の責任は負いかねます。悪しからず。