Pocket

こんにちは。 ひろていです。

あと2週間で運動会です。
運動会は親も準備に追われ大変ですよね。
場所取り、タープ(テント)設営、前夜からの弁当の仕込み、そして荷物の運搬
駐車場から[弁当・クーラーボックス・レジャーシート、折りたたみチェアetc]を運ぶのですが、コレが結構キツイ。
更に終了後には、撤収したタープ(10kg以上)のおまけ付き。
毎年ヒーヒー言いながら運んでいましたが、今年からは違います。

キャリーワゴンを購入したのです。

DOPPEL GANGER フォールディングキャリーワゴン C2-46

レビュー

購入したのは DOPPEL GANGER フォールディングキャリーワゴン C2-46
重量は約12.8kgで結構重い。
開封してみたが、取扱説明書が見当たらない

006

 

仕方がないので適当に組み立ててみるが、これ以上広がらない。

007

iphoneで組み立て方を検索した。
どうやら両サイドの取っ手を掴み上に持ち上げるらしい。
広がったら、真ん中をグイッと押して平らにする。

0008

010

最後にマットを敷い・・・
ここにおったんかい。取説くん。

011

 

無事完成。
直径17.5cmの大型ノーパンクラバータイヤで衝撃を吸収。
凸凹道でも活躍してくれそう。

014

013

詰め込んでみた

[タープ・椅子×2・空のクーラーボックス]を詰め込んでみた。
これに、弁当と飲み物+氷が加わるので、結構な重量になるが、持って運ぶのとキャリーワゴンで運ぶのとでは、ぜんぜん違う。
もちろんキャリーワゴンの方が楽。
016

前方に小物を収納できるポッケが付いており、中にはトップシートが入ってます。
急な雨でも安心。

018

017

収納

収納は真ん中の輪っかを引っ張りながら、取っ手を押し下げると簡単に折り畳めます。
場所も取らずコンパクト。

 

019

020

関連記事
サンキン物置 SK7-35 を買ったよ!

仕様

[ワゴン容量サイズ] 開口部:(約)幅910×奥行き510×高さ330mm
[収納サイズ] (約)幅300×奥行き200×高さ800mm
[重量(付属品含む)] (約)12.8kg
[最大積載重量] 100kg
 底部:(約)幅850×奥行き420
[ワゴン容量] (約)150L
[材質] フレーム:スチール
 生地:ポリエステル
[付属品] トップカバー、取扱説明書

コールマン アウトドアワゴンと迷った

この製品を選ぶにあたって、コールマン アウトドアワゴン と迷いました。
ワゴンはドッペルギャンガーの方が若干広く、重量はコールマンの方が1.8kg軽い
価格もほぼ同額で、決め兼ねていましたが、結局ドッペルギャンガーにしました。

決め手となったのは以下の2点でした。

  1. トップシートが付属
    コールマンはトップシートではなく、フック付きラバーバンドが付属。
  2. タイヤを別売りしている
    タイヤが壊れた時も安心。

9/30追記:運動会行ってきた

小学校の運動会に行ってきました。
撤収時には[タープ・折りたたみ椅子2脚・折りたたみベンチ・レジャーシート・弁当の残り・デジイチカメラ・ビデオカメラ・その他]を積むはずだったのですが、5歳の娘がワゴンの上から降りず、結局嫁さんがワゴンを引いて、私が[タープ(14kg)・折りたたみベンチ・ハンマー等の工具]を持つ羽目に。
006
そして、娘が座っているのが「一眼レフカメラの上」だとわかるのはまだ先のことです。
まぁ、無事だったんですけどね。

まとめ

年に数回しか使わない物なので、購入を先送りにしていましたが、とうとう購入しました。
これで運動会当日は、7人分の弁当と飲み物、折りたたみチェア、レジャーシート等を1回で運べます。

ワゴン自体デカくて重いので、女性1人での使用は難しいかもしれませんが、大量の荷物を運ぶキャンプ・運動会等のイベント用に、家庭に1台あっても良いかもしれません。

まだ実際に使ってないので、本当のレビューはまた後日。