Pocket

f:id:hirotei:20160220160622j:plain

こんにちは。ひろてい です。

さて、【初心者向き】ブライダル新聞の作り方教えるからちょっと来て(その1)の続きです。

今回は裏面の[記事の構成・余興ツールとしての使い方]を紹介します。

 

この記事は

  • 何書いていいかわからない
  • アイデアが浮かばない
  • 新聞の隙間が埋められない

という方に、私のよく使う構成やネタ記事を紹介しております。

マイルール

  • 記事のフォントは「明朝体」
  • 文字の大きさは「10pt」
  • 1行の文字数は、文の長さ・新聞のスペースによって「10~18文字」にしています。
  • 行間も新聞のスペースに合わせて適度に調整します。

記事の構成

一面記事

ここはGoogleで[ブライダル新聞]と検索して出てきた記事を丸パクリ参考に書けばそれほど難しくないはずです。

f:id:hirotei:20160216135706j:plain

一面の記事は毎回ほぼ固定です。
構成は以下の通りです。

  1. 「●月●日に結婚式が行われます」的なことを丁寧に
  2. 出会い・馴れ初めを具体的に
  3. プロポーズのシチュエーションなどを細かく。
  4. 結婚の事を聞いた友達の反応とか。(②と③が長ければ省くことも)
  5. ブライダル新聞にありがちな「新郎新婦の比較」
    血液型から将来の家族構成まで色々。
  6. 新郎新婦から挨拶
    「本日はお忙しい中私達の~~~~」など。

裏面

裏面も適当に作ってみました。

f:id:hirotei:20160216141404j:plain

裏面の構成も毎回こんな感じです。

  1. 小話
    結婚の挨拶、印象深いエピソード、楽しかったこと等を10倍大袈裟に書く。
    友人知人が制作する場合は、本当のエピソードに架空の『幸せな』出来事を付け足して「夢オチ」もありです。
    [例]
    新郎は新婦の欲しがっていた●●を買って手渡した・・・ところで目が覚めた。
  2. 二人の年表・経歴
    産まれてから現在の職に就くまでの経歴・または年表。
    小学校で●●に選ばれた。コンクールで賞をとった。今後の抱負など。
    ウソは書かない。
  3. 趣味・仕事の話
    ●●大会優勝、仕事で功績を残した等、新郎新婦が夢中になっている事を細かく。
    適度に写真を入れると見やすく情報が入って来やすいです。
  4. 写真コーナー
    記事が書けない・少ない等、隙間が目立つようならここを広くとって写真で誤魔化しましょう。写真1枚ずつにコメント・エピソードがあれば手抜きに見えにくいです。
  5.  パロディ広告
    新郎新婦の[ラブラブ・痩せた・太った・お酒好き・真面目]などをイジります。
    悪口にならないように、ソフトにイジるか許可を取りましょう。
    自営業や起業しているなら仕事の広告もいいですね。

ポイント

  • 見出しは大袈裟に
    [例]初めての出会い → 衝撃的な出会い・ラブストーリーは突然に!など
  • 新郎新婦が制作する場合も、エピソードは客観的に書く。
    新郎新婦目線だとただの日記です。友人のエピソードを紹介する感じで書きましょう。
  • 写真を適度に入れる
    適切な写真を入れることで読みやすく、理解しやすくなります。
    私の場合、文字だけで埋まっていると読む前に疲れてしまうので。

隙間を埋めるネタ記事

細かく書いていればそれ程隙間は空いていないと思いますが、隙間を埋めるネタ記事を紹介します。

新郎新婦が制作する場合

  • 今だから言えるごめんなさい
    重すぎる謝罪はやめましょう
  • 結婚の誓い100ヶ条の内のトップ3発表
    大喜利です。小ボケを3つ
  • 家庭内での役割分担

友人・知人など出席者側が制作する場合

  • 出席できない人からのお祝いの言葉&写真
  • こんな旦那・嫁はイヤだ
    大喜利です
  • 嫁が作る旦那のお弁当公開(ドッキリ)
  • 結婚式の豆知識

などなど。

それでも埋まらなければ、文字の大きさ、行間を調整して誤魔化すといった方法もありますがあまりオススメはしません。
手抜きがバレます。

注意

  • 前向きな記事を心がけ不適切な発言や記事は書かない。
  • 下ネタ、ヤンチャだった過去の武勇伝はいりません。
  • そういうのは友達だけの2次会でやりましょう。
  • 披露宴・二次会の後、他の人が読むこともあります。

余興ツールとして

QRコードでいろいろ

youtubeなどの動画投稿サイトに「新郎新婦からの挨拶」をアップロード(限定公開)。

または、ホームページやブログに「なぞなぞ・クイズ」を出題。
そのURLをQRコードに変換します。
変換はコチラで簡単にできます。

www.cman.jp

これで新聞の隙間も埋められますし、退屈しのぎにもなります。
※↓は[Yahoo! JAPAN]のURLをQRコードに変換したものです。
 f:id:hirotei:20160216144540g:plain

クイズの問題は
「新婦のお色直しのドレスの色は?」など新郎新婦にまつわる、当てやすくすぐに答えの分かるものにしましょう。

新聞の一角を回答用紙にして、会場に設置した投票用紙に投函してもらい、正解者の中から抽選で景品をプレゼントするのもよさそうです。

宝くじ風に

ベタなネタですが、手書きまたはスタンプで新聞に番号を記載して

後に抽選会を行う「宝くじ風抽選会」も盛り上がりますね。

添削

出来上がったら印刷して、添削してもらいましょう。
なるべく文才のある方にお願いするのが好ましいですが、いなければ自分(達)で何度も読み返しましょう。

誤字脱字、言葉のチョイス、言い回しの間違いは極力無くした方がいいのですが、あっても手作り感(素人っぽさ)が出て良いのではないでしょうか。

要は心がこもっていればいいんです。伝わるはずです。

最後に

記事は書けそうでしょうか?
細かく取材をするほど記事を書くのが楽になりますよ。
取材した言葉を大袈裟に書き写すだけですから。

文才に恵まれていない私でもそれなりに書けたので、きっと大丈夫です。

ブライダル新聞制作の参考になれば幸いです。

ではまた。