Pocket

こんにちは。 ひろてい です。

子供は入浴剤(を入れるの)が好きですよね。
洗面器で少しずつ溶かしたり、練って団子状にしたり、色々な遊びができます。
中でも、発泡入浴剤(花王のバブ等)はシュワシュワして、おっさんの私が見てても楽しいです。

そこで、5歳の娘と一緒にバスボムを作って遊びました。

※今回作ったバスボムはお風呂で遊ぶための物で、美容効果は一切考えておりません。

超簡単!バスボムの作り方

材料を揃える

ほぼ100均で揃います。

  • 重曹
  • クエン酸
  • 片栗粉 or コンスターチ
  • 霧吹き
  • ボウル・桶など

色や香りを付けるなら

  • 食紅等の食用色素
  • アロマオイル

混ぜる

重曹、クエン酸、片栗粉を2:1:1で混ぜます。
作る量にもよりますが、今回は 重曹 100g、クエン酸 50g、片栗粉 50gで作りました。

021

022

023

霧吹きで水を吹きかけ、湿らせながら混ぜます。
一気に水を入れるとシュワシュワと発泡してしまい、お風呂に入れた時に発泡しなくなるようです。

024

027

食紅を適量入れ、好みの濃さに調整。
アロマオイルで柚子とミントの香りも付けてみました。

025

出来上がり

数時間~半日乾燥させて出来上がりです。
複雑な形の型は抜く時に崩れ、固まると取れません。シリコン製の型を使いましょう。
☆とミッキーの手型はこのまま浴槽に放り込む事になりますが、この時はまだ知りません。

026

浴槽に入れてみた

おー。まさにボム(爆弾)。ドラえもんがシュワシュワと崩れていきます。
娘も楽しそう。

030

まとめ

今回は、お風呂での遊び道具として作ったので、重曹・クエン酸による美肌効果などは全く知りません。
美肌・美容効果を求めるなら、それなりの既製品を買った方が良い気がしますが。。。人それぞれですね。
ただ、掃除用の重曹、クエン酸なので遊び終わった後のお風呂掃除が捗りそうです。

安価で簡単に量産でき、製作からお風呂遊びまで子どもと楽しめるのでおすすめです。