Pocket

camera+

こんにちは。 ひろてい です。

高機能な定番カメラアプリ「Camera+」の無料版がリリースされていました。
その名も「Camera+ Free」。
そのまんまです。

以前は300円(だったかな?)の有料アプリだったのですが、2015年9月に無料版(APP内課金有)がリリースされていたらしい。
知らなかったー。

1年ほど前から有料版「Camera+」を使ってますが、高機能で使い勝手が良いのでiphoneのメインカメラとして使ってます。

Camera+ 無料版と有料版の違い

無料版は有料版から下記の機能を削ったものです。

  • マニュアル撮影パック(120円)
    iphoneを小さなデジタル一眼レフに変えるパワフルなマニュアル撮影機能
  • 高度な編集機能パック(120円)
    写真のベストを引き出すパワフルな編集ツールセット
  • クオリティパック(120円)
    ロスレスTIFFから省スペースの最適化まで、さまざまなクオリティで撮影

無料版に必要な機能だけ買い足すことが出来、ムダがありませんが、現在上記の機能3点に

  • アナログフィルタパック(120円)
  • ハリウッドフィルタパック(120円)

を足した5パックセット360円です。

個別に買うと600円なので、240円お得ですね。
(2016/01/20時点)

ざっくりとした使い方

焦点をを合わせたいところをタップすると、「焦点」と「露出」を自動で合わせてくれます。
013しかし、隅っこにいる仮面ライダーが暗いので「焦点」と「露出」を別々に合わせます。
2本の指で画面をタップすると、「焦点」と「露出」が出現。
焦点は真ん中のこびとに、露出は仮面ライダーに合わせます。

はい。明るくなりました。
012

接写・タイマー・連射撮影をする時は、シャッターボタンの横の「×」を押すと撮影モードを選択出来ます。
また、焦点・露出・ホワイトバランスは手動でも調節でき、ズームは最大6倍まで可能です。

013

014

撮ってみた

子供の仮面ライダーディケイドのフィギュア(身長11cm)を借りて撮影してみました。
049

おっ。かっこいい。
私のような、カメラや写真に詳しくないずぶの素人でもそれなりに撮れます。
043

続いて接写です。
iphone6の標準カメラとだとピントが合いません。

Camera+(マクロモード)042

iphone6標準カメラ045

編集

シーン

選択できるシーンは、人物、フード、風景など16種類
目的にあったシーンを選択すると、よりプロっぽく見えます。
特に料理は「フード」を選択することで、ズルいぐらい美味しく見えます。

024

025

トリミング

自分で範囲を決める「フリーフォーム」の他にサイズは14種類。
iphone4・5・6の壁紙サイズもあるので、壁紙作成が簡単です。
IMG_5162

ラボ

色合い・彩度・コントラスト・回転・反転などを編集します。
細く編集できて、アプリとは思えないほど本格的。
IMG_5163

フィルタ

テーマごとに9種類のフィルタがあります。
編集せずともフィルタだけでいい感じになります。
下の画像はテールフィンを適用。

IMG_5164

IMG_5168

フレーム

好みのフレームを付けて出来上がり。
IMG_5165

不満点

とても使い易くお気に入りのカメラアプリですが、不満もあります。
iphone6の標準カメラと比べて、立ち上がりが1~2テンポ遅いです。
時間にして1~2秒程ですが、決定的瞬間を撮り逃すこともあってちょとモヤモヤ。

最後に

無料アプリでありながら、高機能でとても使い易いカメラです。
標準カメラの代用なら無料版でも満足できるかと思います。

でもまぁ、360円の5パックセットの方が色々遊べて、お得感があるので私は有料版をオススメしたいですね。

オークションやブログの写真は全てこのアプリで撮っていますし、SNSは撮影からアップロードまでこのアプリ1つでサクッとできるのでとても便利です。
撮影技術の無い私が撮ってもそれなりに見えます・・・たぶん。

カメラアプリ選びに迷ったら、これ、試してみません?

 

Camera+ Free

無料
(2016.01.20時点)
posted with ポチレバ
Camera+

360円
(2016.01.20時点)
posted with ポチレバ